【カンボジア】スラムの子ども達への日本語指導など、創業社長の事業アシスタント募集!!

◆国/地域:カンボジア
◆プログラム:SDGs/社会課題
◆タイプ:オンライン
◆会社名:ZAP ZEAL ASPIRATION PARTNER ASIA CO.,LTD.
◆会社HP:http://zapartner.com/

◆主な事業内容
・民泊事業者向けの支援サービス。
・地域創生、農業プロジェクト。
・寺子屋運営。
・その他、カンボジア人の教育と雇用の一体化や金融・救急医療向上などの取り組み。

◆今回のプログラム内容
・以下のいずれかを行って頂きます。

①企画提案型
・スラムの子ども達へのオンライン日本語指導。
社内の既存事業では、スラム出身の男性を自社で雇用し、創業社長のアシスタントや、寺子屋運営を行ってもらっています。
こうしたスタッフやNGOに対して、持続可能な日本語指導の企画提案、実行を担って頂きます。

②既存事業のアシスタント業務全般
・外国人技能実習候補生へのオンライン日本語指導と、受入会社への営業、およびこれらのアシスタント業務全般をお願いします。
※仕事内容の目安:日本語指導2割、営業3割、広報5割。

◆仕事の進め方のイメージ
・仕事量は、週に10時間以上となります(平日/週末/夜間は問いません)。
・週に1回60分程度のオンラインミーティングを行い、業務の説明、フォロー、フィードバックを行います。
・その他、適宜チャット等で、相談しやすいサポート環境があります。

◆こんな人を求めています(例)
・貧困/格差問題への興味関心のある人。
・その他、社会課題への興味関心のある人(SDGsなど)。
・やる気のある人、行動力のある人。
・何か新しいことにチャレンジしたい人。起業に興味ある人。
・課題発見能力のある人。

◆期待できる経験、身につく能力
・海外進出企業でのリアルな実務経験。
・貧困/格差問題に対する具体的なアプローチ。
・創業者の経営目線。
・異文化コミュニケーション能力。
・課題発見/解決能力。

◆期間
・2ヶ月

◆募集人数
・若干名

◆おすすめポイント
・「子どもに教育、大人に雇用」。
カンボジア現地の貧困/格差といった社会課題の解決に向けて、教育・農業からIT領域まで、幅広く事業展開されているZAP。

今回は、創業以来全力で挑戦し続けている同社奥本社長のアシスタント業務全般を行って頂きます。

特に、貧困や格差など社会課題/SDGsに関心のある方にとっては、その現実を直視し、具体的にどのように解決していくのかを、当事者の一人としてかかわることのできるため、非常に有益な体験を得ることできオススメです。

(ご参考)
・奥本社長の創業の想いはこちら。
http://zapartner.com/staf