【新規事業ブログ】〜観光事情編〜

こんにちは!
海外インターン含めタンザニアで新規事業を担当しているMisatoです。

ザンジバルにきて2週間が経ちました。
こちらでは昨日でラマダンが終わり、今日から2日間のラマダン明けの祝日が始まりました!

ラマダン終了に伴い、子供たちは皆新しい服を着て、街中を楽しそうに歩いています。

昨日は催事のためか深夜から太鼓がドンドコ鳴り、お祭りが始まる予感をひしひしと感じておりました...☺️
(そのため少し睡眠不足です笑)

さて、本日はザンジバルの観光事情をPick Up!
私もまだ全ての観光地に行ったわけではないのですが、特にストーンタウン 周辺に関してはメインの観光事情がわかってきたので、今回はその様子をシェアします!

1. プリズンアイランド

これがアフリカ!?
と思った人も多いと思います。
そうなんです、アフリカなんです。笑

ザンジバル本島周辺の海も綺麗ですが、少し離れたプリズンアイランドの海の方がもっと綺麗!

ザンジバル本島でボートをハイヤーし、30分位で到着できます。
(行きたいときはぜひボートをシェアしてくださいね!)

プリズンアイランドは元々、奴隷を監禁する島として存在していました。
今は全くその面影はなく、写真のようなゾウガメが島の至る所にいて、入館料を払うとキャベツをあげることができます。

一番お年を召したカメは150歳以上。
他のカメとは比べ物にならないくらい大きいです!笑

ちょっとしたビーチもあるので、海に入ってみたい人は水着を持っていってもいいかもしれません。
 

2. スパイスファーム

スパイスファームは、ストーンタウンから少し外れたところにある政府保有のスパイス畑のことです。

日本でスパイス料理を作るときによく使う
・シナモン
・ナツメグ
・コリアンダー
・コショウ
などなど...

スパイスファームの中にはそれぞれのの木や草が植えられていて、それを巡るツアーになっています。

実際日本で皆さんが使っているスパイスの原型を見ることができますよ!
私はカレーが好きでよく日本でカレーを作るときにスパイスを使っていたので、スパイスの生の姿にとっても感動していました!笑
 
上の写真はシナモンなんですが、いつも私たちが見るのはスティック状ですよね。

あれは、この木の皮を乾かして作っているそうですよ。
(本当にシナモンの香りがすごいんです)
こんな風に、現地の方が髪飾りや首飾り、スパイスを入れるバッグを編んで作ってくれます。
30秒くらいで作ってくれるんだから、すごい。

スパイス好きな方、カレー好きな方、ぜひザンジバルへ。

3. シティツアー

ザンジバルのストーンタウンは、街全体が世界遺産に登録されています。
貿易相手の中東諸国の影響を受けた街並みが色濃く残っているからです。

そんなストーンタウンをぜひ街歩きしてみてはいかがでしょうか。

一本中の道に入ると、そこはもう迷路のように入り組んでいます。
(道を覚えるのは至難の技です)
ストーンタウンのメイン道路から10分くらい歩けば、マーケットがあります。
ダラジャニマーケットと言って、野菜や衣類、雑貨などなんでも揃うマーケットです。

ザンジバルの熱気を感じたい方は、是非こちらへ!

旧奴隷市場も近いので、セットで行ってみてください。
夕方近くなったら、ビーチのすぐ横フォロダニ公園へ。
屋台がずらっと立ち並び、地元の人が休む憩いの場。

本を読んだり、ゆっくり休んだり。
ベンチも多いので、お友達と一緒に来るのもいいかもしれません。

夕焼けを見ながらのんびり過ごすのには最適な場所です!

4. 見所はストーンタウン だけじゃない

全体的にストーンタウンを中心に観光地を紹介しましたが、ザンジバルには他にも有名な観光地がずらり。

ビーチに行きたいならパジェ、ヌングイなど。
島の中央部分にはザンジバル でしか見れないお猿さんを見ることができる、ジョザニ国立公園もあります。

1週間~2週間あれば島の至る所まで楽しめてしまうザンジバル島。

良い意味で皆さんのアフリカのイメージを裏切ってくれること間違いなしです!

ぜひアフリカに立ち寄る際にはザンジバルまでお越しください!